« ニホンヤモリの2匹の写真です。 | トップページ | タイコウチやコオイムシやオオコオイムシの初令幼虫や2令幼虫のエサ »

2018年7月15日 (日)

7月15日の天然物のタイコウチについて(販売や通販や売ります)

!!!参考までに!!!

自然界の天然物のタイコウチは、現時点の7月中旬は、

基本的に幼虫で生息しています。

もし、天然物の成虫を現時点の7月中旬に、ご購入される場合は、

昨年の夏から秋にかけて新成虫になり、

メス成虫の場合は、すでに、今年の6月に産卵して、

運良く生きているメス成虫の生体と思われます。

(オス成虫も昨年の夏から秋にかけて新成虫になって、

今年の56月に交尾をした生体と思われます)

要するに、

現時点の7月中旬の天然物の成虫に関しては、

一番新鮮でも昨年の夏8月から秋11月の間で、

新成虫になり冬眠して年を越して交尾済みで産卵が終わった生体で、

運が良ければ産卵途中の生体と思われますから、

運良くもう一年生きるか? そろそろ死ぬ生体と思われます。

(運が良ければ、現時点、まだ産卵可能の生体がいる場合もあります)

 

9月以降の天然物成虫を採集した場合だと、89月に、成虫になった新成虫と思われます。

しかし、たまに、昨年成虫になり交尾と産卵の済んだ生体が混ざる場合もありますが、

全体数は、今年の89月に、成虫になる新成虫が多いと思われます。

9月頃に天然物を採り、昨年の生体か?今年の89月に、成虫になった新成虫かを

見極めるのは、100%は無理ですが、なんとなく生体を見れば、識別はできますが、

保障はできません。

(天然物の6月から8月上旬の天然物は、産卵が済んだ生体か、

運良くまだ産卵途中の生体で、死亡リスクが早い生体と思われます)

 

上記は、私の天然物観測での今までの経験から思える事なので、

確実な判断は、お客様で、ご判断ください。

 

それで、秋に天然物のタイコウチのオス・メスの新成虫と思われるのを、

販売します。(通信販売・通販・売ります)

ご予約も受けます。

100%のタイコウチのペア販売は無理ですが、

「たぶんペアの販売と言う形」で良ければ、ペア販売できます。

 

現在、すでに予約を受けている方の生体があるから、

幼虫を沢山養殖飼育しています。

新成虫のタイコウチが、余った場合は、秋に販売も可能ですが、

幼虫のタイコウチが予定どうり成虫のタイコウチとして、用意ができなかった

場合は、養殖物は販売が不可能になります。

 

注意として、

最近は、大雨、地震、台風の

天災がありますから、

そして、天然物がたまたま採れないや、

養殖物の幼虫が上手く新成虫になれないなど、

色々と問題が起きる時もありますから、

予約を頂いても無理な時もありますから、

その点は、ご了承ください。

 

お値段は、数などにもよりますから、

用意ができた時点で、詳細をメールでお知らせする時もありますし、

ブログの http://mmw.tea-nifty.com/blog/

や、

ドメインの http://www.mushimegane.com/

に、掲載する時もありますから、

その時点で、ご検討してみてください。

 

ただし、今年は、先週、広島県の熊野町は大雨災害を

受けていますので、天然物幼虫が、すでに流されている可能性が高いです。

ただし、秋には、調査・採集は、します。

(すべては採りません。ほとんどは安全な場所に逃がします。一部採集です。)

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

虫めがねワールド

http://www.mushimegane.com/

vys07157@nifty.com

|

« ニホンヤモリの2匹の写真です。 | トップページ | タイコウチやコオイムシやオオコオイムシの初令幼虫や2令幼虫のエサ »

販売品 (水生昆虫)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。