« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月に作成された記事

2015年6月16日 (火)

カナヘビ販売します。(通販) 通信販売します。

カナヘビ在庫あります。広島県安芸郡熊野町産です。

売ります。 今回は、餌付きです。(餌なしの時もあります。そのつどお問い合わせください)

興味がある方は、お気軽に、このメールアドレス vys07157@nifty.ne.jp に

メール問い合わせしてください。

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

ヤゴ 売ります。 販売します。

ヤゴ10匹セット予約受け付けます。

売ります。

今回は、餌付きです。(餌なしの時もあります。そのつどお問い合わせください)

興味がある方は、お気軽に、このメールアドレス vys07157@nifty.ne.jp 

 

にメール問い合わせしてください。

| | コメント (0)

ヒョウタンゴミムシ10匹セット(広島県産) 売ります

ヒョウタンゴミムシ10匹セット(広島県産)
(詳細の種類は、わかりません)
10匹つけるので、オス、メスは、混ざると思います。

手足等の欠損なしの完品を選ぶようにしますが、
もし、多少の欠損があった場合は、ご容赦ください。

現在、在庫あります。販売します。

興味がある方は、お気軽に、このメールアドレス vys07157@nifty.ne.jp 

 

にメール問い合わせしてください。

| | コメント (0)

ヤマトシロアリと思われるタイプの職蟻と副生殖虫? 販売

昨年、販売で残ったキリギリスの雌(メス,♀)が
土を入れたカップ内に沢山産卵していた。
それでキリギリスの初令(1令?)から2令を飼育していて、何の餌(生き餌,活き餌)を
与えようかと思い考えていた。
それと、やはり昨年のオオカマキリ・チョウセンカマキリ・ハラビロカマキリの
中で、オオカマキリの卵が販売で、1個残っていたのが、余っていたのだけど、
これが羽化ではなくて孵化していたので、その初令(1令?)から2令を飼育していて、何の餌(生き餌,活き餌)を
与えようかと思い考えていた。
そうだ、ヤマトシロアリでも与えてみようと思い、
シロアリを採集しました。
その時、5000匹ぐらいヤマトシロアリと思われるタイプを
採集したのですが、その時、今までとは違う光景に出合った。

普通、私の経験で木から採集する時なら、
職蟻ばかり採れます。
そして、兵蟻が少し採れて、
運が良ければ、擬蛹(ニンフ)と
良く言われているのが、ほんの少し採れます。
その木によっては、
兵蟻の数よりは、擬蛹(ニンフ)の数が多い場合もあるし、
職蟻ばかりと少しの兵蟻だけで、
擬蛹(ニンフ)は、採れない時の木があります。

たまに、有翅成虫(羽アリ)が、黒色なんだけど、
完全に黒色になりきれていない奴がいた時がありました。

擬蛹(ニンフ)とは、職蟻(アリで言えば、働きアリみたいな奴)より、
少し大きくて色は、職蟻と同じく白色で、うっすら柔らかそうな成長しきれていない
半透明から白色の羽らしき物が背中についています。
将来、有翅成虫(羽アリ)になると思われます。
それらは、何かで見たのですが、オス(雄,♂),メス(雌,♀)が混ざっていると
書かれていました。
たぶんそうであれば、数10匹の擬蛹(ニンフ)がいれば、
オス(雄,♂),メス(雌,♀)が混在していると思います。

そして、何かで見たのですが、
有翅成虫(羽アリ)
兵蟻
職蟻
王、女王
副王、副女王
擬蛹(ニンフ)
と言うのが存在しているらしく、
それで、今回、副王、副女王と言われている副生殖虫らしきタイプが、
1本の木から7匹出てきたんです。
あわてて採りいれたので、7匹は数えていますが、もう少しいたかもしれません。
7匹は、間違いなくいました。
ビックリしました。初めてみました。
白色だけどどちらかと言えば茶色がかった色をしていたように見えました。
縦横1cmX3cmぐらいの部屋に数匹から数10匹の職蟻と2匹ぐらいの副生殖虫がいて、
そのような部屋が3または4個ぐらい出てきたんです。

当方、シロアリの研究や飼育を専門でしているわけではなくて、
他の小昆虫や爬虫類(ベビー,アダルト)や両生類(ベビー,アダルト)の
生餌や活餌(活き餌,活えさ,活エサ)として採集して
保管について調べていたり販売していたりしているので、
今回のヤマトシロアリ副生殖虫と思われる奴を見たときは、
なんだ!これは!と思いました。
擬蛹(ニンフ) より少し大きいように見えました。違いは、やわらかそうな羽がなくて、
茶色みを帯びていて、あきらかに見比べて違うんです。
最初、女王や王かと思ったけど、それだと、少し小さいような気もしますし、
どうみても副生殖虫に見えました。オス(雄,♂),メス(雌,♀)が混在しているかは、
わかりませんが、7匹の副生殖虫がいれば、
オス(雄,♂),メス(雌,♀)が混在していると思います。

話が長くなったのですが、
忙しくなってきたので、今回、キリギリスとカマキリの1令から2令ぐらいの幼虫を、
それぞれ1/4ほど、当方の昆虫繁殖敷地に逃がして、1/4ほど、時々捕獲できる自然界の
生息場所に逃がしてきました。1/2は、カナヘビやカエルのベビーに与えました。

今回、このヤマトシロアリと思われるタイプの職蟻を約500匹以上から1000匹以内ぐらいと、
7匹の副生殖虫らしき奴(もう少しいたかもしれません。
7匹は、間違いなくいました。)を
1ケースに餌の木(約10cmX20cmぐらい)と一緒にセットしました。
1週間ぐらい経ち、ケースを見ると安定して、活動して見えたので、
見ていたら、木の上を数10匹の職蟻が早走りに歩いていて、
その中に1匹ニンフらしき少し大きい白い奴が歩いていたけど、
羽らしきものがないので、副生殖虫なのか? 色が茶色がかっていないし、ニンフの前段階なのか?
なんだろうと見ていたら、そのまま早走りに歩いて木の中のほうに消えていったので、
なんなんだろう? また、わからなくなってきました。

この1ケース(23cmX17cmX16cm)を販売もできます。(完売した場合は、ご容赦ください)
販売価格等は、時価なので、お気軽にお問い合わせください。
それで、ご検討していただいて、無理な場合は、遠慮なくキャンセルください。
ようするに、お気軽にご検討ください。
1ケースの中の詳細をもう一度書きます。
ヤマトシロアリと思われるタイプの職蟻を約500匹以上から1000匹以内ぐらい。
副生殖虫と思われるタイプ7匹(もう少しいたかもしれません。7匹は、間違いなくいました。)
餌の木(約10cmX20cmぐらい)肉厚あり水分もちょうど良さそうで、すごくいい感じ。
もちろん職蟻と副生殖虫と思われるタイプは、同一コロニーです。
シロアリの研究や飼育を専門でしているわけではないので、
はっきりしたことは、言えないけど、この1ケースで、
大量に増やせると思います。このケースからの脱出は不可能です。
増えすぎたら、このケースの空間(空間はかなりある)に、小さい木やその他の物を置いて、
シロアリを数10匹づつ取り出せば、他の生き物のエサに使えると思います。
ケースの重みがないなってくるか?
または、木が柔らかくなってくるか、スカスカになってきそうだと、
再度、大きいケースに、このケースを入れて、
シロアリがこぼれても大丈夫なようにして、新しい木をセットすれば良いと思います。
その時、こぼれたシロアリは、大きいケースにこぼれているわけだから、
そのこぼれたシロアリ(白蟻)を、木を入れ替えた小さい飼育中のケースに戻せばいいので、
繁殖を楽しめると思います。(当方、実施したわけではなくて、たぶん、
この副生殖虫がいるのでそのうち増えると思い予想で書いています)

http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/15461/
上記のURLアドレスに「単為生殖で後継者を産む仕組みがある」と書いていました。

 

興味がある方は、お気軽に、このメールアドレス vys07157@nifty.ne.jp 

 

にメール問い合わせしてください。

| | コメント (0)

シロアリ(白アリ・白蟻)1800匹・2400匹売っています。

現在、

シロアリ(白アリ・白蟻)1800匹の1セット販売できます。(通販で売ります)

シロアリ(白アリ・白蟻)2400匹の1セット売ります。(通信販売で売ります)

時価になりますので、お気軽にお問い合わせください。

ヤドクガエルの活き餌にどうぞ!!!
カナヘビのベビーやアダルトの生き餌にどうぞ!!!

興味がある方は、お気軽に、このメールアドレス vys07157@nifty.ne.jp 

にメール問い合わせしてください。

| | コメント (0)

カタツムリ8匹セット 販売します。カタツムリ生体販売

201506031


カタツムリ8匹セット売ります。通販、通信販売します。 (広島県安芸郡熊野町産天然物です)
見た感じ、まあまあ綺麗ですが、
天然の為、多少のギズや傷みは、ご理解下さい。
直径は、10円玉と1円玉を一緒に撮影しているので、それと比較してください。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »